入試に関してよくある質問と回答

博士過程後期3年の過程(博士)

Q:東京に在住です。合格した場合、東京でも授業を受けられると聞いたことがあります。
A:一部の授業は、東北大学東京分室で授業が行われることがあります。

Q:遠隔地に住んでいます。出願書類を手に入れたいのですが、どうしたらいいですか?
A:以下に指定した封筒を同封し、請求してください。

<同封する封筒>
角型2号(約34㎝×約24㎝)に郵便切手¥250分を貼り、住所、氏名、郵便番号、必要な募集要項の種類(選抜区分)を明記。
<請求先>
〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-04  022-795-5820
東北大学大学院工学研究科(工学部・工学研究科教務課大学院教務係)

博士課程前期2年の過程(修士)

Q:遠隔地に住んでいます。出願書類を手に入れたいのですが、どうしたらいいですか?
A:以下に指定した封筒を同封し、請求してください。

<同封する封筒>
角型2号(約34㎝×約24㎝)に郵便切手¥250分を貼り、住所、氏名、郵便番号、必要な募集要項の種類(選抜区分)を明記。
<請求先>
〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-04  022-795-5820
東北大学大学院工学研究科(工学部・工学研究科教務課大学院教務係)

Q:研究室訪問はどのようにしたらいいですか?
A:専攻事務室(℡: 022-795-3863、E‐mail: mst@ml.tohoku.ac.jp)、または研究室に直接照会してください。

Q:研究室には、何人くらいいるのですか?
A:最高で20人程度です。詳しくは、各研究室のホームページや、各研究室に問い合わせてください。

Q:研究室に定員はありますか?
A:特に設けていません。

Q:A方式、B方式は自分で決めることができますか? どのように決定されるのですか?
A:受験生が自分で決めることはできません。分野調査シートをもとにこちらで判断します。

Q:A方式か、B方式かは、いつ頃わかりますか?
A:出願締め切り期日から2週間をめどに本人宛てに郵送でお知らせします。

Q:B方式、専門記述式の過去問を知りたいのですが。
A:B方式の過去問は数学のみの公表となっています。

Q:推薦入試を受ける場合も分野調査シートを提出しなければなりませんか?
A:A日程受験の際は不要です。B日程を受験される場合は、意思確認の書類と一緒に提出していただきます。

Q:推薦入試A日程の結果は、WEBで公表しますか?また、学校推薦なので、学校にも何らかの通知が行きますか?
A:結果の通知は本人への郵送のみです。所属学校等への連絡はありません。

Q:外国人でも推薦入試で受験することができますか?
A:推薦の場合、その年度の3月に卒業することが条件です。3月より早い時期に卒業となる場合(たとえば、中国の一般的な大学では6月に卒業)、推薦入試の対象になりません。既卒者は対象外となります。

Q:日本国籍を持つ日本人ですが、外国の教育課程しか受けていません。日本人なので入試は一般選抜しか受験できませんか?
A:外国の教育課程を受けている場合、日本国籍であっても「外国人特別選抜」で受験することができます。(ちなみに「外国人特別選抜」は、1年間に2回受験の機会があり、(4月入学、10月入学)、「一般選抜」は、年に1回のみ(例外として2次募集が行われることもある)の受験です。)

Q:2次募集を行うかどうかは、いつ頃わかりますか?
A:2次募集を行う場合、10月末から11月頃に、募集要項が配布されます。

Q:(社会人入試)TOEICスコアは必要ですか?
A:不要です。