カリキュラム

カリキュラムの特色

本専攻で履修できる科目は,カバーする分野や学習目的・目標が多岐にわたるため,便宜上,

  • 【政策系】
  • 【マネジメント系】
  • 【技術・システム系】

の3つに分類しています.科目ごとに開講時期(1学期/2学期/集中講義/通年)や開講頻度(毎年/各年)が異なります.スムーズな履修計画を支援するために,→→ こちら ←←のような体系図を用意しています.

下記のカリキュラムとは別に,スタディツアー工学英語研修といった教育プログラムも用意しています.

博士課程前期2年の課程 (修士)

【政策系科目】

  • 実践技術政策論
  • アントレプレナーシップの経済学
  • イノベーションの経済史
  • イノベーション政策A
  • 特許戦略の経済学A
  • 科学技術コミュニケーション論

【マネジメント系科目】

  • 実践技術経営論
  • 実践知的財産権論
  • 知的財産権論
  • プロジェクトマネジメント論
  • イノベーション・マネジメント論
  • ベンチャー・ビジネス論
  • リスク評価・管理学論

【技術・システム系科目】

  • システム技術融合アーキテクチャ
  • エネルギー社会システム論
  • 生産工学論
  • 交通社会システム論
  • イメージセンシング工学
  • 光通信技術基盤工学

博士課程後期3年の課程 (博士)

【政策系科目】

  • 実践技術政策特論
  • イノベーション政策B
  • 特許戦略の経済学B

【マネジメント系科目】

  • 実践技術経営特論
  • 実践知的財産権特論
  • 知的財産権論
  • プロジェクト・マネジメント論
  • イノベーション・マネジメント論
  • ベンチャー・ビジネス論
  • リスク管理学特論
  • 技術適応計画特論(※【技術・システム系科目】も兼ねる)

【技術・システム系科目】

  • 生産工学論
  • 技術適応計画特論(※【マネジメント系科目】も兼ねる)
  • エネルギー社会システム特論