スタディツアー

「現場」で学ぶ実践的知識

本専攻では,基本理念に基づき,社会が直面する様々な課題とこれらを解決するための技術・社会システムについて実践的な知見を深めるための実地調査・学習として「スタディツアー」を行っています.これは,企業の生産工場・開発拠点・知財部門・経営部門・官民の研究所・自治体や大学といった「現場」へと学生が赴き,見学・ディスカッションを行うことで,研究や座学で得られた知見を拡充・発展させる実践的な知識・技術・経験の取得を目指すものです.

学生自身がプロデュース

スタディーツアーの最大の特徴は,調査ツアーそのものを学生自身が企画・実施する点です.具体的には,学生が主体となって,以下のプロセスの全てを行います.

  1. 調査ツアーの企画提案
  2. 訪問先・調査内容・旅程の計画,アポイントメントの取得
  3. 情報収集などの事前準備
  4. 「現場」での実地調査
  5. 調査内容の報告

教員はアドバイスはしますが,あくまで主体は学生です.そのため,修士1年生と博士1年生を中心に,希望者(企画を提案した学生)のみを対象としています.

活動はグループ単位,旅費は全額補助,単位として認定

通常は,提案された企画をもとに希望者をいくつかのグループに分け,計画以降はそれぞれのグループで単位で進めます.計画・準備・調査・報告によって学習目標が達成できれば,選択必修科目として単位を認定します.必要となる費用(交通費・宿泊費・施設見学料など)は,全額専攻で負担します.

これまでの調査実績

2014年度

グループ1(2014.11. 修士1+博士3名):
  • サンディスク株式会社 (四日市事業所・四日市工場)
  • 株式会社島津製作所 (本社・三条工場)
  • ローム株式会社 (本社・テクノロジーセンター)
  • 株式会社デンソー (本社・高棚工場)
グループ2(2014.11. 修士4名)
  • 九州大学 (水素ステーション)
  • 北九州エコタウンセンター
  • 響灘風力発電所
  • 山口大学
  • 西部石油株式会社 (山口製油所)

2013年度

グループ1 (2013.11. 修士6名):
  • 株式会社瀬戸内自然エナジー
  • 北九州市環境ミュージアム
  • 山口油脂株式会社
  • 熊本大学 (政策創造研究教育センター)

2012年度

グループ1 (2012.11. 修士3名):
  • 三菱電機株式会社 (先端技術総合研究所)
  • 住友電気工業株式会社 (山梨事業所)
  • ソニー株式会社 (厚木テクノロジーセンター)
  • オリンパス株式会社 (技術開発センター 石川)
グループ2 (2012.11. 修士3名):
  • 山口油脂株式会社
  • 電源開発株式会社 (若松総合事業所)
  • IDEXエコエナジー株式会社 (福岡ブルータワー)
  • 北九州水素ステーション

2011年度

グループ1 (2011.11. 修士4名):
  • 大阪ガス株式会社 (エンジニアリング部)
  • 関電エネルギー開発株式会社
  • 日本ノボパン工業株式会社
  • DINS堺株式会社
  • 大阪ガス株式会社 (エネルギー事業部)
  • 大和ハウス工業株式会社

2010年度

グループ1 (2010.11. 修士3名):
  • 九州電力株式会社 (総合研究所 インテリジェントハウス)
  • 三菱重工業株式会社 (長崎造船所)
  • 北九州次世代エネルギーパーク
  • 株式会社安成工務店 (安岡エコタウン)
  • アサヒビール株式会社 (博多工場)

2009年度

グループ1 (2009.11. 修士2名):
  • 信越半導体株式会社 (本社)
  • 東京エレクトロン株式会社 (本社)
  • 株式会社東芝
  • ソニー株式会社 (厚木テクノロジーセンター)
グループ2 (2009.11. 修士3名)
  • 森ヶ崎水再生センター
  • 東京電力株式会社 (横浜火力発電所)
  • 三菱重工業株式会社 (横浜製作所本牧工場)
  • 株式会社東芝 (京浜事業所)
  • サントリーホールディングス株式会社 (武蔵野工場)

2008年度

2007年度

グループ1 (2007. 修士2+博士3名):
  • あいち臨空新エネルギー研究発電所
  • 東邦ガス総合技術研究所
  • 川辺バイオマス発電株式会社
  • 三洋電機株式会社
  • トヨタタービンアンドシステム株式会社
  • 田原リサイクルセンター炭生館
グループ2 (2007. 修士4+博士1名):
  • 株式会社デンソー (本社)
  • シャープ株式会社 (天理工場)
  • オムロン株式会社 (京阪奈イノベーションセンタ)
  • 株式会社島津製作所 (本社・三条工場)

2006年度

グループ1 (2006. 修士6名):
  • 共生国際特許事務所
  • 昭和シェル石油株式会社 (有明水素ステーション,中央研究所)
  • 東京臨海リサイクルパワー
  • 東亜石油株式会社
  • 株式会社ジェネックス
  • 東京ガス株式会社 (横浜研究所)
  • JFEスチール川崎製鉄所 (東日本製鉄所)
グループ2 (2006. 修士5名):
  • 日本テキサス・インスツルメンツ株式会社 (日出工場)
  • ソニーLSIデザイン株式会社
  • ソニーセミコンダクタ九州株式会社  (熊本TEC)

2005年度

グループ1 (2005.10. 修士7名):
  • むつ小川原石油備蓄株式会社
  • エーアイエス株式会社
  • 六ヶ所村文化交流プラザ
  • 財団法人環境科学技術研究所
  • 六ヶ所村立第一中学校
グループ2 (2005.10. 修士7名):
  • オムロン出雲株式会社
  • 広島エルピーダメモリ株式会社

2004年度

専攻全体 (2004.10. 26名):
  • 富士通株式会社 (岩手工場)
  • 日本原燃株式会社
  • 相和物産株式会社
  • 六ヶ所村文化交流プラザ
  • むつ小川石油備蓄基地
  • エコパワー株式会社
  • 六ヶ所村立千歳中学校
  • 六ヶ所村立第一中学校