須川成利 教授らが「日本経済団体連合会会長発明賞」を受賞しました!

須川成利 教授らが発明した特許第3467013号「固体撮像装置」が,公益社団法人発明協会が主催する
「平成27年度全国発明表彰」において,特別賞にあたる「日本経済団体連合会会長発明賞」を受賞しました!

本発明は,画像のシェーディングを抑制し,多画素化や信号読み出し速度の高速化などを実現するための基本的な技術のひとつであり,キヤノン株式会社が2000年に世界で初めてデジタル一眼レフカメラに搭載したCMOSイメージセンサーに用いられて以来,その後の大判高画質CMOSイメージセンサ等において広く使用され,コンシューマー用途のほか映画やテレビ番組など,幅広い分野の撮影に貢献しています.

おめでとうございます!(授賞式は2015 年6月17日に行われました)

キヤノン ニュースリリース
http://web.canon.jp/pressrelease/2015/p2015may21j.html
平成27年度全国発明表彰 受賞者一覧
http://koueki.jiii.or.jp/hyosho/zenkoku/2015/zenkoku_jusho_ichiran.html