2022/1/13 更新

【刊行済みの査読付論文(印刷中を含む)

  1. Akamatsu, T., Nagae, T., Osawa, M., Satsukawa, K., Sakai, T. and Mizutani, D.: Model-based analysis on social acceptability and feasibility of a focused protection strategy against the COVID-19 pandemic, Scientific Reports 11, 2003, 2021. https://doi.org/10.1038/s41598-021-81630-9
  2. 長江 剛志・赤松 隆・清水 廉・符 皓然:経路・出発時刻同時選択型の動的利用者均衡配分の求解法:二次計画問題アプローチ,土木学会論文集D3(土木計画学), Vol. 76, No.3, pp. 264-281, 2020[online]
  3. 清水 廉・長江 剛志:二次元空間を対象とした大規模な二主体集積経済モデルの効率的解法,土木学会論文集D3(土木計画学), Vol. 76, No. 3, pp. 223-235, 2020. [online]
  4. 長江 剛志・水谷大二郎:連続主体ポテンシャル・ゲームの確率的進化動学と定常分布推定方法,土木学会論文集D3(土木計画学), Vol. 76, No. 2, pp. 138-155, 2020. [online]
  5. Wang, P., Wada, K., Akamatsu, T., and Nagae, T.: Trading mechanisms for bottleneck permits with multiple purchase opportunities, Transportation Research Part C, Vol. 95, pp. 414-430, 2018. [online]
  6. 赤松隆・大澤実・長江剛志・山口裕通:巨大災害時のガソリン不足に対する戦略とその社会経済評価:東日本大震災における実証分析, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.71, No.5, p.I_1-I_19, 2016. [online] 
  7. Akamatsu, T., Osawa, M., Nagae, T. and Yamaguchi, H.: Spatio-Temporal Analysis of Gasoline Shortages in the Tohoku Region after the Great East Japan Earthquake, Special Issue (Invited Papers) on 2011 Great East Japan Earthquake, Journal of JSCE, Vol.1, No.1, pp.447-469, 2013. [online]
  8. 赤松隆・大澤実・長江剛志・山口裕通:3.11震災時の東北地域で生じたガソリン需給ギャップの時空間分析, 土木学会論文集 D3, Vol.69, No.2, pp.187-205, 2013.[online]
  9. 赤松隆・山口裕通・長江剛志・稲村肇:東日本大震災後の東北地域における石油製品不足と輸送実態の把握, 運輸政策研究, Vol.16 No.1, pp.031-041, 2013. [online]
  10. Nagae, T., Fujihara, T. and Asakura, Y.: Anti-Seismic Reinforcement Strategy for Urban Road Network, Transportation Research Part A, Vol. 45, No. 5, pp. 813–827, 2012. [online]
  11. 小林雄也・長江剛志:優先パスオークションによるテーマパーク待ち行列損失軽減,電子情報通信学会 AVol. J95-A, No.7, 2012. [online]
  12. Akamatsu, T. and Nagae, T.: A network of options: Evaluating complex interdependent decisions under uncertainty, Journal of Economic Dynamics and Control, Vol. 35, pp. 714-729, 2011. [online]
  13. 西田博文・長江剛志・佐藤毅・林健二:ロバスト制御アプローチに基づく地盤改良工の信頼性設計, 土木学会論文集 C, Vol. 67, No. 1, pp.16-25, 2011. [online]
  14. 佐藤毅・長江剛志・西田博文・林健二:機能不全リスクとライフサイクルコストを考慮した陸上廃棄物処分場表面遮水工の選定,土木学会論文集 C, Vol. 66, No. 1, pp. 100-114, 2010. [online]
  15. Nagae, T. and Akamatsu, T.: A Generalized Complementarity Approach to Solving Real Option Problems, Journal of Economic Dynamics and Control, Vol. 32 No. 6, pp. 1754-1779, 2008. [online]
  16. 長江剛志・赤松隆:危険物輸送のためのカタストロフ回避戦略,土木学会論文集 DVol. 63, No.4, pp. 509-5232007.[online]
  17. 長江剛志・藤原友・朝倉康夫:GISと需要変動型利用者均衡配分を用いた道路ネットワーク耐震化の便益評価,土木計画学研究・論文集,Vol. 24, No.2, pp. 233-242, 2007.
  18. 長江剛志・赤松隆:リアルタイム観測情報を活用した動的なシステム最適交通配分:確率制御アプローチ,土木学会論文集 D Vol.63 No.3, pp. 311-327, 2007.[online]
  19. Akamatsu, T. and Nagae, T.: Dynamic Ramp Control Strategies for Risk Averse System Optimal Assignment, Transportation and Traffic Theory, pp.87-110, 2007.
  20. 長江剛志:交通需要の不確実性を考慮したネットワークの動的有料道路料金更新問題,土木計画学研究・論文集,No.23 (4), pp.955-961, 2006.
  21. 西田博文・長江剛志・佐藤毅:透水係数の信頼性を考慮した埋立地の性能設計アプローチ,応用力学論文集 Vol.9, pp.1041-1049, 2006.
  22. Nagae, T. and Akamatsu, T.: Dynamic Revenue Management of Toll Road Projects under Transportation Demand Uncertainty, Networks and Spatial Economics, Volume 6, Numbers 3-4, pp. 345-357, 2006. [online]
  23. 長江剛志・赤松隆:連鎖的な意思決定構造を持つプロジェクトの動学的評価法:オプション・グラフ・モデルとその解法, 土木学会論文集, No.772/IV-65, pp.185-202, 2004.
  24. 赤松隆・長江剛志:不確実性下での社会基盤投資・運用問題に対する変分不等式アプローチ, 土木学会論文集, No.765/IV-64, pp.155-171, 2004.
  25. 赤松隆・長江剛志:経済リスクを考慮した社会基盤投資プロジェクトの動学的財務評価, 土木学会論文集, No.751/IV-62, pp. 39-54, 2004.
  26. 長江剛志・赤松隆:不完備市場リスク要因を考慮したリアル・オプション評価, 応用地域学研究 8(2), pp. 81-93, 2003. 
  27. 赤松隆・半田正樹・長江剛志:変分不等式アプローチによる多地域一般均衡モデル, 土木計画学研究・論文集 15, pp.175-185, 1998. 

【査読付の国際会議プロシーディングス】

  1. Nagae, T., Yamaguchi, H., Osawa, M., and Akamatsu, T.: Evaluating Post-Megadisaster Strategies against Region-Wide Gasoline Shortages in the Aftermath of the Great East Japan Earthquake, the Proceeding of the World Conference on Transport Research, 20 pages, 2019.5.30.
  2. Nagae, T., Toda, R. and Wada, K.: A Method for Evaluating Travel Time Distribution on Signalized Arterial Roads, the 7th International Symposium on Transportation Network Reliability (INSTR), p.59-p.62, 2018.1.17.
  3. Washibe, W. and Nagae, T.: A Mechanism Design for Bus Fleet Scheduling without Demand Estimation, the 22nd Hong Kong Society of Transportation Studies International Conference, p. 426-433, 2017.12.11.
  4. Shittaka, Y. and Nagae, T.: Evaluation of the Travel Time Reliability of An Urban Road Network: An Evolutionary Game Theory and MCMC Approach, the 21st Hong Kong Society of Transportation Studies International Conference,  p.495-501, 2016.12.12.
  5. Shittaka, Y. and Nagae, T.: An Evolutionary Game Model and MCMC Estimation for Analyzing Stochastic Properties of Traffic State on a Road Network, IEEE International Conference on Agents 2016, Matsue, Japan, p.82-85, 2016.9.29.
  6. Nagae, T. and Takei, N.: Anti-seismic reinforcement strategy for an urban road network: a cross-entropy approach, the 6th International Symposium on Transportation Network Reliability (INSTR), USB-memory (17 pages), Nara, Japan, 2015.8.2.
  7. Takei, N. and Nagae, T.: Estimating Expected Social Losses from Wide-Area Damage on An Urban Road Network for An Anti-Seismic Reinforcement Problem: A Cross-Entropy Approach, the 19th Hong Kong Society of Transportation Studies International Conference, USB-memory, 2014.12.15.
  8. Kato, M., Hara, Y. and Nagae, T.: A Tradable Permit System for An Efficient Bike-Sharing and Its Solution Method, the 19th Hong Kong Society of Transportation Studies International Conference, USB-memory, 2014.12.
  9. Nagae, T. and Zheng, J.: Comparison of Two Approaches for Sustainable and Efficient Transportaion Networks: Emission Pricing/Emission Permits, the 16th Hong Kong Society of Transportation Studies International Conference, pp. 743-749, 2011.12.
  10. Wada, K., Akamatsu, T. and Nagae, T.: Stochastic Convergence of a Hybrid Scheme of Tradable Bottleneck Permits and Congestion Pricing, the 15th Hong Kong Society of Transportation Studies International Conference, pp.173-180, 2010.12.
  11. Nagae, T. and Gai, N.: Tradable Bottleneck Permits under Demand Uncertainty, the 14th Hong Kong Society of Transportation Studies International Conference, Vol. 2, pp. 771-777, 2009.12.
  12. Nagae, T. and Sasaki, S.: A Mean-Variance Approach to Mixed Strategies for Dispatching Problems under Travel Time Uncertaintythe 14th Hong Kong Society of Transportation Studies International Conference, Vol. 1, pp. 189-196, 2009.12.
  13. Nagae, T.: A Risk-Cost Minimization Model for Catastrophe Averse Shipment of Hazardous Materials, the International Conference on Instrumentation, Control and Information Technology (SICE 2008), pp. 1165-1170, 2008.8.
  14. Nagae, T. and Akamatsu, T.: An Efficient Algorithm for A Maximin Routing Model for Hazardous Materials, the 3rd International Symposium on Transport Network Reliability, USB-memory (8 pages), 2007. 7.
  15. Nagae, T., Ohnishi, R., Matsuda, S. and Asakura, Y.: Spectrum Analysis of Travel Behaviour, 11th International Conference on Travel Behaviour Research, Kyoto, CD-ROM, 2006.8.
  16. Nagae, T. and Akamatsu, T.: Dynamic Revenue Management of Toll Road Projects under Transportation Demand Uncertainty, the 2nd International Symposium on Transport Network Reliability, Christchurch, New Zealand, pp. 75-87, 2004.8.

【学術論文に準ずるもの(審査なし論文・学会発表等)】

  1. 中里悠人・水谷大二郎・長江剛志:利用者費用と規模の経済性を考慮した道路ネットワークの補修工事の最適実施計画, 土木計画学研究・講演集, Vol. 64, CD-ROM, 2021.12.4.
  2. Santoso, Joshua Teguh長江剛志Non-Sorting Solutions of Dynamic User Equilibrium with Route and Departure-time Choice in One-to-Many Corridor Network, 土木計画学研究・講演集, Vol. 63, CD-ROM, 2021.6.6.
  3. 劉洋・長江剛志・佐津川功季:Dynamic User Equilibrium in Many-to-One Corridor Network with Irregular Ordered Capacity Patterns, 土木計画学研究・講演集, Vol. 63, CD-ROM, 2021.6.6.
  4. 犬伏陽祐・長江剛志:需要予測を必要としない通勤用デマンドバスの価格と運行ルート設計, 土木計画学研究・講演集, Vol.60, CD-ROM, 2019.12.2.
  5. 岡村祥汰・長江剛志:地域間の公平性を考慮した有限の輸送機材による災害後の燃料輸送計画,土木計画学研究・講演集,Vol.60, CD-ROM, 2019.12.2.
  6. 佐々木勇人・長江剛志:複数信号の系統制御問題に対する Benders 分解アプローチ,土木計画学研究・講演集,Vol.60, CD-ROM, 2019.12.2.
  7. 清水廉・長江剛志:一起点多終点ネットワークにおける経路・出発時刻同時選択型の動的利用者均衡配分モデルの効率的解法,土木計画学研究・講演集,Vol.60, CD-ROM, 2019.12.2.
  8. 長江剛志・付芸:Point-queue モデルを用いた多起点一終点型の動的交通配分:システム最適と利用者最適,土木計画学研究・講演集,Vol.60, CD-ROM, 2019.12.2.
  9. 土居史弥・長江剛志:再配置不要なバイクシェアリング・システムのための線形価格決定法,土木計画学研究・講演集,Vol.60, CD-ROM, 2019.11.30.
  10. 清水廉・長江剛志:大規模な Fujita and Ogawa (1982) モデルの効率的解法,土木計画学研究・講演集, Vol. 59, CD-ROM, 2019.6.8.
  11. 鷲辺航・長江剛志:需要予測を必要としない通勤バスシステムの価格時刻決定スキーム,JAWS(合同エージェントワークショップ&シンポジウム) 2017, ショート発表,鴨川ホテル三日月, 2017.9.16.
  12. 伊藤匡哉・長江剛志:乗り捨て型カーシェアシステムにおける需給マッチングメカニズム,JAWS(合同エージェントワークショップ&シンポジウム) 2017, ロング発表,鴨川ホテル三日月, 2017.9.15.
  13. 井上紳一・長江剛志:全てのSimple Pathを対象としたロジット型交通量配分法,第55回土木計画学研究発表会, 愛媛大学, 2017. 6.11.
  14. 戸田廉・長江剛志:動的計画法を用いた信号交差点の期待遅れ時間の厳密評価手法,第31回人工知能学会全国大会, ウインクあいち, 2017.5.25.
  1. Washibe, W. and Nagae, T.: A mechanism design for demand bus fleet scheduling, the 21st Hong Kong Society of Transportation Studies International Conference,  2016.12.10 (Poster).
  2. Okuda, H.. and Nagae, T.: Analysis of stochastic dynamics and short-term forecast of macroscopic traffic using the Markov chain approach, the 21st Hong Kong Society of Transportation Studies International Conference,  2016.12.10, (Poster).
  3. Ito, M. and Nagae, T.: A pricing mechanism for a one-way car-sharing system with port capacities, the 21st Hong Kong Society of Transportation Studies International Conference,  2016.12.10, (Poster). 武井伸生・長江剛志:道路ネットワーク強靭化のための耐震化戦略: Gibbs cloner and cross-entropy アプローチ,第52回土木計画学研究発表会, 秋田大学, 2015.11.22.
  1. 尻高佑樹・長江剛志:進化ゲーム理論に基づく確率的交通配分の分位数推計手法,第52回土木計画学研究発表会, 秋田大学, 2015.11.23.
  2. 奥田光・長江剛志:乱択アルゴリズムを用いた感知器データに基づく都市道路ネットワークの巨視的状態の推定,JAWS(合同エージェントワークショップ&シンポジウム) 2015, ポスター, 山中温泉河鹿荘ロイヤルホテル, 2015.10.1.
  3. 鷲辺航・長江剛志:デマンドバスの運行計画に対するメカニズム設計,JAWS(合同エージェントワークショップ&シンポジウム) 2015, ポスター, 山中温泉河鹿荘ロイヤルホテル, 2015.9.30.
  4. 坂泰志・長江剛志:定時型ライドシェア車両を考慮した動的利用者均衡モデル, JAWS(合同エージェントワークショップ&シンポジウム) 2015, ポスター, 山中温泉河鹿荘ロイヤルホテル, 2015.9.30.
  5. 尻高佑樹・長江剛志:多数の利己的主体の交通行動によって確率的に変動するネットワーク所要時間の分位数推計手法, JAWS(合同エージェントワークショップ&シンポジウム) 2015, ポスター, 山中温泉河鹿荘ロイヤルホテル, 2015.9.30.
  6. 伊藤匡哉・長江剛志:ポート容量を考慮した乗り捨て型カーシェアリングの需要マッチングメカニズム, JAWS(合同エージェントワークショップ&シンポジウム) 2015, ポスター, 山中温泉河鹿荘ロイヤルホテル, 2015.9.30.
  7. 武井 伸生・長江 剛志:乱択アルゴリズムによる道路ネットワーク耐震化問題の解法, 29回人口知能学会全国大会, CD-ROM, 公立はこだて未来大学, 2015.5.30.
  8. 尻高 佑樹・長江 剛志:進化ゲーム理論とMCMCを用いた道路交通状態の確率的特性の分析, 29回人口知能学会全国大会, CD-ROM, 公立はこだて未来大学, 2015.5.30.
  9. 坂 泰志・長江 剛志:乗用車とバスが混在するボトルネック・モデルにおける「無秩序の代償」とバス政策効果, 29回人口知能学会全国大会, CD-ROM, 公立はこだて未来大学, 2015.5.30.
  10. 加藤桃子・原祐輔・長江剛志:効率的なバイクシェアリングのための利用権取引制度とその解法の提案,第50回土木計画学研究発表会,鳥取大学, CD-ROM, 2014.11.
  11. 武井伸生・長江剛志:道路ネットワーク耐震化戦略のための便益推計手法:クロスエントロピー法,第50回土木計画学研究発表会,鳥取大学, CD-ROM, 2014.11.3.
  12. 加藤桃子・原祐輔・長江剛志:効率的なシェアサイクル運用のための利用権取引制度,JAWS (合同エージェントワークショップ&シンポジウム) 2014, ANA ホリデーイン・リゾート宮崎(宮崎県宮崎市), ポスター, 2014.10.
  13. 武井伸生・長江剛志:道路ネットワーク耐震化の便益推計手法の比較,第9回防災計画研究発表会,東北大学, 2014.9.21.
  14. 三留拓也・長江剛志:社会的損失最小化のための道路ネットワークの耐震補強問題:統計的推計と確率的最適化,土木計画学研究・講演集 48, CD-ROM, 2013.11.
  15. 三留拓也・長江剛志:社会的損失最小化のための道路ネットワークの耐震補強問題:統計的推計と確率的最適化,第8回防災計画研究発表会,2013.9.
  16. 赤松隆・大澤実・長江剛志・山口裕通:3.11震災時の東北地域で生じたガソリン需給ギャップの時空間分析,土木計画学研究・講演集 47, CD-ROM, 2013.6.
  17. Akamatsu, T. and Nagae, T.: Spatio-Temporal Analysis of Gasoline Shortage in Tohoku Region after Great East Japan Earthquake, International Workshop on Transport Networks under Hazardous Conditions, 2013.3.
  18. Yue, Y. and Nagae, T.: Online Mechanism for Tradable Priority-Pass in A Theme-Park, Joint Agent Workshop and Symposium, 2012.10.
  19. Lu, X. and Nagae, T.: Trading Mechanisms and Learning Rules for Time-specific Permits with Multiple Purchase Opportunities under Dynamic Uncertainty, Joint Agent Workshop and Symposium, 2012.10.
  20. Nagae, T.: Evolutionary Congestion Pricing with Non-monotone Cost Functions, Seoul National University-Tohoku University Joint Seminar on Sustainable Transportation, 2012. 8.
  21. 中村真之・孫学強・円山琢也・長江剛志:九州における大規模災害時の燃料輸送計画モデルのためのデータの整備と試算,平成23年度 土木学会西部支部研究発表会,2012.3.
  22. 崔航・佐々木晋一・長江剛志: 所要時間の不確実性を考慮した平均-分散輸送戦略モデルの閉路解決法,土木計画学研究・講演集 44, CD-ROM, 2011. 11.
  23. 小林雄也・長江剛志: 「乗りたいときに乗れる」を実現する新しいテーマパーク運営法――優先パス電子取引制度, 10回合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS2011)2011.10.
  24. 瀧川悠・長江剛志: 時空間ネットワークを用いた災害時燃料輸送モデル,第6回防災計画研究発表会, 2011. 9. 
  25. 長江剛志・藤田順平:市場の非完備性を考慮した参入・撤退オプション,日本リアル・オプション学会, CD-ROM, 2010. 11.
  26. 長江剛志・藤田順平:非完備市場リスクを考慮した参入・撤退オプション問題,「金融工学・数理計量ファイナンスの諸問題 2009」,2009, 12.
  27. 遠藤友貴彦・長江剛志:興行チケット・オークションのメカニスム設計,Proc. of Joint Agent Workshops and Symposium 2009, pp. 94-99, 2009. 10.
  28. 佐藤毅・長江剛志・林健二・西田博文:破壊可能性を考慮したライフサイクルコスト最小化のための陸上廃棄物処分場の表面遮水構造選定,都市安全研究センター研究報告 13, 2009. 3. 
  29. 林健二・長江剛志・佐藤毅・西田博文:確率論的アプローチによる斜面破壊危険度の評価,都市安全研究センター研究報告 13, 2009. 3.
  30. 西田博文・長江剛志・佐藤毅・林健二:ロバスト制御アプローチによる盛土安定対策についての検討,都市安全研究センター研究報告 13, 2009. 3.
  31. 長江剛志・藤原友・朝倉康夫:利用者均衡配分を内生化した都市圏道路ネットワークの耐震化問題,土木計画学研究・講演集 37, CD-ROM, 2008.6.
  32. 藤原友・長江剛志・朝倉康夫:利用者均衡概念を考慮した道路網耐震化問題の枠組みと手法,土木計画学研究・講演集 36, CD-ROM, 2007.11.
  33. 林健二・長江剛志・佐藤毅:斜面変状モニタリングに基づく破壊確率を用いた斜面の危険度判定,土木学会年次学術講演会 62, CD-ROM, 2007.9.
  34. 佐藤毅・長江剛志・林健二:破損確率とライフサイクルコストによる陸上廃棄物処分場の表面者水構造選定手法の提案,土木学会年次学術講演会 62, CD-ROM, 2007.9.
  35. 長江剛志・赤松隆:流出事故の低頻度・大損害特性を考慮したリスク回避的危険物輸送問題,土木計画学研究・講演集 35, CD-ROM, 2007.6.
  36. 大西隆太・長江剛志・松田壮・朝倉康夫:ウォルシュ変換とウェーブレット変換を用いたプローブパーソンデータの分析手法,土木計画学研究・講演集 34, CD-ROM, 2006.12.
  37. 藤原友・長江剛志・朝倉康夫:GISと需要変動型利用者均衡配分を用いた道路ネットワーク耐震化の便益評価,土木計画学研究・講演集 34, CD-ROM, 2006.12.
  38. 赤松隆・長江剛志:社会基盤整備・運用事業の経済リスク管理問題に対するファイナンス工学的アプローチ,土木計画学研究・論文集, No. 23(1),pp.1-21, 2006.【招待論文】
  39. 長江剛志・赤松隆:一般化相補性アプローチによるリアル・オプション問題の統一的解法,第1回日本リアルオプション学会,p.60-63, 2006.11.
  40. Nagae, T. and Iryo, T.: A Generalized Complementarity Approach for Optimal Maintenance of A Deteriorating Facility under Dynamic Uncertainty, 19th International Symposium on Mathematical Programming, Rio de Janeiro, pp.160, 2006.7.
  41. 藤原友・長江剛志・朝倉康夫:ネットワーク均衡配分を用いた道路耐震補強の対費用効果に対する一考察,土木計画学研究・講演集 33, CD-ROM, 2006.
  42. 長江剛志・赤松隆:リアルタイム観測情報を活用した確率動学的システム最適配分問題,土木計画学研究・講演集 33, CD-ROM, 2006.
  43. 長江剛志・白井宏明:災害の希少性を考慮した災害債券設計問題:ロバスト期待効用アプローチ,土木計画学研究・講演集 33, CD-ROM, 2006.
  44. 長江剛志:運用形態のフレキシビリティを考慮した不動産評価:オプション・グラフ・アプローチ,不動産研究,第482号,pp.26-33, 2006.4.
  45. 吉岡龍右・長江剛志・黒田勝彦:施設間の代替・補完関係を考慮した社会基盤システムの補修戦略に関する基礎的研究,土木計画学研究・講演集 32, CD-ROM, 2005.12.
  46. 長江剛志:交通需要の不確実性を考慮したネットワークの動的有料道路料金更新問題,土木計画学研究・講演集 32, CD-ROM, 2005.12.
  47. 長江剛志:連鎖的な権利行使構造を持つ複合リアル・オプションの評価法:一般化相補性問題アプローチ,京都大学 数理解析研究所講究録 1457, pp. 262-269, 2005.11.
  48. Nagae, T., Tatano, H. and Okada, N.: Optimal Maintenance of Infrastructures under Natural Disaster Risk, Annuals of Disast. Prev. Res. Institute, Kyoto Univ. 47C, 299-304, 2004.3.
  49. Okada, N., Tatano, H., Haghiara, Y., Suzuki, Y., Hayashi, Y., Hatayama, M., Hartmann, J., Nagae, T., and Shimizu, H.: Integrated research on methodological development of urban diagnosis for disaster risk and its applications. Annuals of Disast. Prev. Res. Institute, Kyoto Univ. 47C, 1-8, 2004.3.
  50. 長江剛志・多々納裕一:災害による不連続的劣化を考慮した施設の最適点検・補修戦略問題,土木計画学研究・講演集 30, CD-ROM, 2004.
  51. 長江剛志・多々納裕一:自然災害リスク下での施設の最適予防的保全問題:確率的インパルス制御アプローチ,土木計画学研究・講演集 29, CD-ROM, 2004.
  52. 長江剛志・赤松隆:連鎖的意思決定構造を考慮した不確実性下でのプロジェクト評価手法,土木計画学研究・講演集 28, CD-ROM, 2003.
  53. 長江剛志・赤松隆:リアル・オプション価格の統一的計算法:相補性問題アプローチ,土木計画学研究・講演集 28, CD-ROM, 2003.
  54. 長江剛志:市場の不完備性を考慮した経済リスクの動的評価,土木計画学研究・講演集 27, CD-ROM, 2003.
  55. 長江剛志・赤松 隆:動学的不確実性下でのプロジェクト評価逆問題アプローチ, 土木計画学研究・講演集 26, CD-ROM, 2002.
  56. 赤松 隆・長江剛志・長野 修:容量パラドクスに基づくランプ流入制御ルール, 土木計画学研究・講演集 23, pp.727-730, 2000. 
  57. 赤松 隆・長江剛志・高橋栄行:渋滞ネットワークにおける容量パラドクスの検出法, 土木計画学研究・講演集 22, pp.607-610, 1999. 
  58. 赤松隆・長江剛志・半田正樹:変分不等式アプローチによる多地域一般均衡モデルの構築と解析, 土木計画学研究・講演集 20, pp.367-370, 1997. 

【セミナー,シンポジウム,招待講演など】

  1. Nagae, T. and Inoue, S.: Another Alternative to Dial’s Logit Assignment Algorithm on All Acyclic Paths, TSU seminar, Tokyo Institute of Technology, 2017.7.13.
  2. Nagae, T.: Multi-Agent Systems and Mechanism Design in Urban Road Transportation, IEEE 2nd International Conference of Agents (ICA 2017), Beijing, 2017.7.8. Keynote Talk
  3. 長江剛志:超高速グラフ列挙アルゴリズムを用いた交通ネットワーク分析, 道路ネットワーク信頼性勉強会, 岐阜大学サテライトキャンパス, 2016.10.31.
  4. 長江剛志・武井伸生:Gibbs cloner を用いた組み合わせ最適化と cross-entropy を用いた期待値推計:道路ネットワーク強靭化のための耐震戦略を例として,道路の信頼性アドバンスセミナー, 近江町交流プラザ, 2016.7.16.
  5. 赤松隆・大澤実・長江剛志・山口裕通:巨大災害時のガソリン不足に対する戦略とその社会経済評価:東日本大震災における実証分析,第52回土木計画学研究発表会, 2015.11. 【招待講演】
  6. 長江剛志:ネットワークの耐震化評価, 「道路交通の信頼性評価」講習会, 東京工業大学, 2014.11.13.
  7. Nagae, T.: Tradable Time-Specific Permits with Multiple Purchase Opportunity under Dynamic Uncertainty, The First International Workshop on Market Design Technologies for Sustainable Development, 2013.11. (as an invited speaker)
  8. 長江剛志:集団とメカニズムのチカラ~交通混雑緩和からテーマパークの待ち時間損失軽減まで~,電気通信大学 第10回学術講演会「人間社会におけるこれからの情報システムのあり方:ネットワークと群知能/集合知の視点から」,2010.12.
  9. 長江剛志・藤原友・朝倉康夫:大震災を考慮した都市圏道路網の耐震化戦略,第14回情報システム学研究シンポジウム「信頼性とシステム安全学」, 電気通信大学, 2010,2.
  10. 長江剛志:非完備市場リスクを考慮したリアル・オプションの定量的評価手法, 数理ファイナンスセミナー,名古屋市立大学,2009.8.
  11. Nagae, T.: Risk Aversion and Mixed Routing Strategies for Hazardous Materials Transportation, Workshop on Transportation Hazard Mitigation, Kobe University, 2009. 4.
  12. 蓋娜・長江剛志Tradable bottleneck permits with reservations for reducing congestion under demand uncertainty,第13回情報システム学研究科シンポジウム,電気通信大学,2009.2.
  13. 長江剛志:株取引はギャンブル? —はじめての金融工学,ちょうふ市内・近隣大学等公開講座, 2008.10.
  14. Nagae, T.: Robust Control Approach to Mixed Routing Strategies for Hazartdous Material Shipment , The International Conference on Vitae Systems – New Paradigm for Systems Science: Survivability, Vitality and Convivality in Society, Kyoto University, 2007. 12.
  15. Nagae, T.: A Robust Control Approach to Mixed Routing Strategies for Hazardous Materials Shipment, International Symposium on Urban Studies for Safety and Symbiosis, Kobe University, 2007.11.
  16. 長江剛志:共生的安全のための危険物輸送問題:カタストロフ回避的アプローチ,神戸大学21世紀COEプログラム「安全と共生の都市空間セミナー」, 2007.5.
  17. 長江剛志:共生的安全のためのロバストな減災計画~数理科学は社会が経験したことのないリスクに無力か~,神戸大学21世紀COEプログラム「安全と共生の都市空間セミナー」, 2006.11.
  18. 長江剛志・藤原友・朝倉康夫:交通ネットワーク均衡配分を用いた道路網耐震化効果の分析手法,第1回防災計画研究発表会,2006.10.
  19. Nagae, T. and Shirai, H.: A Robust Expected Utility Approach for Optimal Design of Catastrophic Bond, The Second Japan-China Joint Seminar on Sustainable Management of Cities and Regions under Disaster and Environmental Risks, 2006.7.
  20. 赤松隆・長江剛志:社会基盤整備・運用事業の経済リスク管理問題に対するファイナンス工学的アプローチ,土木計画学研究・講演集 31, CD-ROM , 2005.12. 【招待講演】
  21. 長江剛志:あいまい性回避性向を考慮した災害リスクファイナンス・スキームの開発,神戸大学21世紀COEプログラム「安全と共生の都市空間セミナー」, 2005.10.
  22. Nagae, T.: Generalized Complementarity Approach to Real Option Problems with Complex Decision Making Structure”, RAMPシンポジウム 17, 2005.10.
  23. 長江剛志:ポスト期待効用理論のカッティング・エッジ,神戸大学21世紀COEプログラム若手研究者集会「災害とプロジェクトの情報とリスク評価論のホライズン」,2005.3.
  24. 長江剛志:リアル・オプション理論を活用したプロジェクトのマネジメントと評価~有料道路事業を例として~, 日本オペレーションズ・リサーチ学会北海道支部平成16年度第2回講演会, 2005.1.【招待講演】
  25. 長江剛志:プロジェクト・リスク・マネジメント~安全と共生のためのソフトなインフラ整備に向けて~,神戸大学21世紀COEプログラム「安全と共生の都市空間セミナー」, 2004.12.
  26. 長江剛志:証券市場を活用した災害リスクのファイナンス,京都大学防災研究所フォーラム,2003.9.

【解説・総説,著書】

  1. 土木計画学ハンドブック編集委員会():土木計画学ハンドブック, 土木学会, 822, 2017.3. (編「3 . 1 . 21〕」「4 . 2 . 8」を担当)
  2. 中山昌一郎・朝倉康夫():道路交通の信頼性評価,コロナ社,全318, 2014.9.26. (16章を担当)
  3. 長江 剛志:交通工学と構造力学の接点道路施設の耐震化問題を例として─, 土木学会誌, Vol.100, No.10, 土木学会, 2015.10.

【学位論文】

  1. 長江剛志:不完備市場下でのネットワーク構造を持つリアル・オプションの評価,東北大学大学院情報科学研究科.

【研究代表者となっている文部科学省科学技術研究費補助金】

  1. 長江 剛志・水谷大二郎:複数解をもつ都市・交通均衡モデルの実証分析のための確率論的アプローチ, 20192021年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究(C)(一般)
    R1:1,690
    千円/R2:1,820千円/R3:780千円
  2. 長江剛志:道路ネットワークの耐震化戦略に対する確率的アルゴリズム,平成2627年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(挑戦的萌芽研究:26630234)
    H25:1,400
    千円 / H27:1,600千円 
  3. 長江剛志:持続可能な交通システムのための新制度提案:進化的環境料金と走行排出権取引,平成2425年度科学研究費補助金(挑戦的萌芽:12011134)
    H24: 1,400
    千円 / H25: 1,700千円
  4. 長江剛志:非完備市場リスクを考慮した参入・撤退オプションの評価手法:一般化相補性アプローチ,平成2223年度科学研究費補助金(若手研究(B): 10014692)
    H22:1,500
    千円 / H23:1,200千円
  5. 長江剛志:交通量の確率的変動を考慮した有料道路事業の社会的最適料金更新問題,平成1718年度科研費補助金(若手研究(B): 17760429
    H17:2,100
    千円 / H18:1,300千円

【受賞】

  1. 赤松隆・大澤実・長江剛志・山口裕通:3.11震災時の東北地域で生じたガソリン需給ギャップの時空間分析,土木学会論文賞, 2015.6.12.
  2. 赤松隆・長江剛志:不確実性下での社会基盤投資の評価に関する研究(総合題目),土木学会論文賞, 2005.5.28.

【指導学生の受賞】

  1. 坂泰志:乗用車とバスが混在するボトルネック・モデルにおける「無秩序の代償」とバス政策効果,第29回人工知能学会全国大会, 2015.7.17. 【学生奨励賞:坂泰志(東北大学)】
  2. 加藤桃子・原祐輔・長江剛志:効率的なシェアサイクル運用のための利用権取引制度,JAWS (合同エージェントワークショップ&シンポジウム) 2014, 2014.10. 【発表賞(ポスターセッション):加藤桃子(東北大学)】
  3. 小林雄也・長江剛志:「乗りたいときに乗れる」を実現する新しいテーマパーク運営法,第10回合同エージェントワークショップ&シンポジウム (JAWS2011), 2011.10. 【学生論文賞:小林雄也(電気通信大学)】
  4. 白井宏明・長江剛志・竹林幹雄・黒田勝彦:Knight流不確実性下での災害債券の最適発行スキーム問題に関する基礎的研究,平成18年度土木学会関西支部年次学術講演,2006.6.【優秀発表賞:白井宏明(神戸大学)】
  5. 杉田薫子・長江剛志・朝倉康夫:プローブ観測を活用した検知器データのベイズ補完,平成18年度土木学会関西支部年次学術講演,2006.6.【優秀発表賞:杉田薫子(神戸大学)】