助教 古林 敬顕 Takaaki Furubayashi

先端社会工学講座
エネルギー環境社会マネジメント分野
研究室サイト: http://www.eff.most.tohoku.ac.jp
狩川 大輔←古林 敬顕→モンチワ

_MGM6169自己PR

2000年にそれまで生まれ育った横浜の地を離れ、仙台の東北大学に入学し、 9年間学生として通い続けて博士課程を修了しました。 今までは材料加工プラズマやコロイドの挙動をシミュレーションによって 再現する研究をしてきましたが、現在はバイオマス利活用システムの最適設計を テーマとしています。様々な分野に関わってきましたが、それらを決して無駄に はせず、 今まで得た知識、経験、技術を活かして研究に勤しんで参ります。

学生へのメッセージ

大学生、院生は高校以前までとも、社会に出た後とも違った、自由な時間が作れる 重要な時期です。この時期に単位をとるための勉強をするだけではなく、ただ遊ぶでもなく、 課外活動や留学等に積極的に参加することは学生生活を実りある物にするためにも、 また先々のためにもとても有意義なこととなります。勉学、研究によって知識を積むとともに様々な経験を積むことで社会的な視野、視点を身につけ、社会に必要とされる人物になって欲しいと願っています。

受験生へのメッセージ

東北大学は北は北海道から南は九州まで、全国各地から多くの学生が集まってい ます。 仙台は東北地方第一の都市でありながら自然が豊かであり、都心から新幹線で1 時間半、 仙台中心部から仙台空港まで最短15分程度と、非常に住みやすく便利な土地です。 また、工学部、工学研究科の業績は素晴らしく、様々な分野において世界の第一 線で活躍する 教授が大勢います。是非7月下旬のオープンキャンパスや他の機会に東北大学を 訪れ、 2月に試験を受けていただきたく思います。来年の4月に皆さんにお会いできるのを 楽しみにしております。